受講一覧

佐藤優さんの

<第1期(一般過程)「日本の組織」を読む> <第2期(専門課程)「現代日本の組織」を読む>

第1回『漱石が見抜いた「組織と個人」の不調和――『坊ちゃん』『門』』
第2回『エリート集団ほど「人事」は難しい――城山三郎『官僚たちの夏』』

2018年12月配信

第3回『孤独なトップが抱く「猜疑心」――山崎豊子『不毛地帯』』

2019年1月配信

第4回『「美学」がサラリーマン組織を危うくする――「忠臣蔵」』

2019年2月配信

第5回『日本型組織の集団心理と「ハラスメント」の原点――五味川純平『戦争と人間』野間宏『真空地帯』』

2018年12月配信

第6回『現代日本を覆う「生活保守主義」――村田沙耶香『コンビニ人間』 東村アキコ『東京タラレバ娘』 野木亜紀子脚本「逃げるは恥だが役に立つ」』

2019年1月配信

第7回『女性の働き方と「ガラスの天井」の正体――白石一文『私という運命について』』

2019年2月配信

第8回『「自己啓発」とブラック企業の論理――水野敬也『夢をかなえるゾウ』』

2019年3月配信